Babbo craft のいろいろ日記

babbocraft.exblog.jp
ブログトップ

僕がつくるもの(作品)

クラフトマーケットまでもう少しだ。
HPにはまだ載せていませんが、新しい小物など数点あります。
それも新宿OZONEに持って行きます。

ところで僕の様な工房家具屋さんは全国にいったいどれくらいあるんでしょう?
1万件くらいはあるんでしょうか?もっとあるのかな?
みんな一生懸命につくってはるんでしょうね,それぞれ個性的なモノをそれぞれの作り方で。
そうクラフトマンがつくるものには作風というものがあるんです。
「手作り風」、「雑貨系」、「北欧風」、「漆工芸」、「カントリー」、「民芸調」、「アメリカン?」など
いろんな種類の数えきれない作風の作品が。

僕はといえばやはり北欧系の素材感を大切にしたシンプルだけど手の込んだモノを
目指したいのですが、(でも言うほど簡単じゃないんですけど・・・・。)北欧系とは書きましたが、
日本的と言ってもいいかな。素材感を大切にして過飾でないシンプルなデザインって日本的ですよね。
北欧の家具や雑貨が日本でたくさん受け入られているのはやはり共通する
「デザイン?」があるんだからだと僕もおもいます。

HPにも少し書いていますが僕は北欧の椅子に敬意を持っています。
椅子と言っても主に「木」の椅子です。ウェグナー、ボーエモーエセン、フィンユールが
デザインした椅子は憧れております。
またこのブログで一人ずつ、もしくは一点ずつ気になる作品について
書いていきます。(ん?僕がつくった作品も一つずつ詳しい紹介をすればいいな。)

僕のつくるもの、基本は「自分がほしいもの・使いたいもの」、またベビーチェアーなら
「娘に与えたいもの」を自分の力の及ぶ範囲で(「創造力」、「技術力」、「設備力」、「努力」など)
作っているのですが、ラフスケッチから始めて図面を引いて試作を作って、
また図面を引きなおしてまた試作を作って、というのを繰り返して、治具を作って、
しっかり仕上げてやっと完成しても実際に自分で使ってみてボツにするものがいくつもあります。
なかなか満足できるものはできません。

今回の新宿OZONEのクラフトマーケット、僕が作った作品をたくさんの人に見てもらって
もし気に入っていただければ苦労して作った甲斐があります。
一人でもたくさんの人に来て見て触れて感想などお聞かせくだされば幸いです。
どうぞよろしくお願いします。
b0168303_10261724.jpg

                         がんばるぞー!
[PR]
# by babbo-craft | 2009-04-18 08:16 | Trackback | Comments(0)

オリーブからバッボ

おはようございます
最近オリーブに新芽が出てきました。

もう5年くらい前から小さなベランダで鉢植えのオリーブを育てています。
毎年小さな白い黄色い花が咲いて、それから実も付きます。
昨年は50個くらい付きました。
そして塩漬けにして食べました。
おいしかった。
b0168303_71857100.jpg
このオリーブの育て方をWEBで調べていたら
偶然みつけた「トスカーナ オリーブの丘で暮らす。」
おしゃれで素敵なブログだなと思いました。で時々読んでいて、先日お話した
「フィレンツェ田舎生活便り2」のことを知り→バッボ→Babbo craftの名前が
出てきたのですが、このオリーブからバッボクラフトがでてきたんですよ!
オリーブを育てていなければ違う名前になっていたんですよね。
不思議なご縁みたいなもんやね。

そういえば工房名で悩んでいる時、
僕が奥さんに(木工房 三本のオリーブはどうかな?)真剣に訊くと、
(3玉の焼きそばは?)と答えられました。
(何それ?)僕が尋ねますと、(今晩のお・か・ず!)
「3玉入り焼きそば」がスーパーで特売っだったとのこと。
[PR]
# by babbo-craft | 2009-04-15 07:24 | 生活 | Trackback | Comments(0)

これはエコだな

きのう金物屋さんに行ってきました。
ネジと丁番を買いました。

ちゃんと袋に入れてくれました。
b0168303_823169.jpgb0168303_82435.jpg

この袋ですが、なんか封筒のリサイクルのようです。しかも
b0168303_8261542.jpg

封筒を半分に切って、下をノリで貼って小さな袋にしています。エライ!

見習いたいものです。
[PR]
# by babbo-craft | 2009-04-14 08:32 | Trackback | Comments(0)

間に合うかな?

もうすぐ新宿OZONEでクラフトマーケットだ。
展示予定の作品がまだできていないのだ。
焦る~う。(ブログ書いている場合か!)

でも昨日ひとつできました。
オリジナルのハンガーラックです。
タモとメイプルの二種類作りました。

クラフトマーケットにはタモを持って行きます。
b0168303_863968.jpg

ソープフィニッシュしてパーツを作業台の上に並べて撮りました。(タモ&メイプル)
どんなカタチかわかりませんよね(笑)。

このハンガーラック組立式です。
組み立てするとちょっと大きいので運搬が大変なのです。(送料がバカにならない)

さあ、他にもまだまだ作らなあきません。
焦りますわほんま。
[PR]
# by babbo-craft | 2009-04-12 08:17 | 木の家具 | Trackback | Comments(0)

Babboとは!

どーも、バッボです。
Babbo?バッボって何?
イタリアのトスカーナ辺りでは「おとうさん」のことをバッボと呼ぶらしいです。

このブログもリンクさせてもらっていますが
「フィレンツェ田舎生活便り2」というブログがあります。
僕は毎日欠かさずこの「フィレンツェ田舎生活便り2」を拝見しています。
フィレンツェの山の自然の中で暮らす親子3人のとっても素敵な日記です。おすすめです!
その中で、むすめさんはもちろんお父さんのことをバッボと呼んでいます。
僕たちの家族構成(おとうさん、おかあさん、むすめの三人家族)が、
「フィレンツェ田舎生活便り2」さんの家族構成と同じなことも知りました。

実はずーっと長い間僕たちの工房名が決まらず悩んでいました。
いろいろ考えていたのですが、僕の希望として「craft」という単語を使いたいと考えていました。

ある時「フィレンツェ田舎生活便り2」をいつものように読んでいて
なんとなく自分を「Babbo」に重ねて意識した時、
「あっ、そうだ Babbo craft だ!」と
この工房名が決まったのでした。(なんて単純だ!)

当然ですが、生粋の大阪人のわが娘は僕のことをバッボなんて呼んでくれません。
いつでも「おっと~~っ」です。
だけどブログの中だけではバッボと言わせていただきます。

縁もゆかりもないようなイタリアの言葉ですが、一度旅行でイタリアに行きました。
フィレンツェはとても良い街でした。今度は娘も連れて家族三人で行きたいな。いつか・・


b0168303_134472.jpg
      旅行に行った時の写真です。
      ほんとに素敵な街でした。



b0168303_1428656.jpg
[PR]
# by babbo-craft | 2009-03-30 07:48 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

OZON クラフトマーケット 2009

OZON クラフトマーケット 2009 に出展します!
今回初めての出展になります。
あと一月とちょっとなので、今から準備が大変ですーーっっ
ということで、バッボさんはクラフト展の準備&ご注文品の製作に追われておりますので、
しばらくは私が更新しますね。

今回はweb shopのほうでご紹介しているベビーチェアベビーデスクといった
ベビー家具を中心に出品します。
普段なかなかお客様とご対面する機会がないので、今回はご来場いただく皆様の生のお声、
ご感想などを聞けるのが今からとても楽しみです。

出店期間は第4期の 5/8 (金)~ 5/10 (日)です。
東京近隣の方は、この機会に是非、実際にBabbo craftの作品を手に取ってみてください。
心より、お待ちしております!
b0168303_22553880.jpg

[PR]
# by babbo-craft | 2009-03-24 16:16 | Trackback | Comments(0)

web shop オープンしました!

はじめまして! Babbo craft です。

Babbo craft ( バッボクラフト ) はデザインから製作、販売まで手掛ける、小さな家具工房です。
「 末永くお使いいただける丈夫で愛される物づくり 」 をモットーに、
無垢の木の素材感を大切にした、 優しいデザインの家具を一つ一つ丁寧に作っています。

メンバーは僕 ( 工房主のBabboです )、
あと奥さんと小さい娘ともっと小さい犬のハナの4名です。
工房日記だけではなく、日々の生活の出来事なども綴ってみたいと思いますので、
どうぞよろしくお願いしますっ!

b0168303_1213267.jpg

こんなベビーチェアー作っています。
名前は”AKARI" メイプル材です。
仕上げは北欧の椅子で有名なソープフィニッシュ
汚れやすいけど・・・・・そこがいいんですよね。
[PR]
# by babbo-craft | 2009-03-21 12:22 | Trackback | Comments(0)